お財布エトセトラ~ブランド財布のウンチクからクチコミまで~

お財布エトセトラ~ブランド財布のウンチクからクチコミまで~
お財布好きのためのお財布情報ブログ グッチやヴィトン、アナスイ、ポールスミスなどの財布・長財布を、財布フェチの視点から記事にしています。
グッチ財布 ルイ・ヴィトン財布 ポール・スミス財布 コーチ財布 シャネル財布 ブルガリ財布 バーバリー財布
スポンサー広告
についての情報です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 雑貨ブログへ ←【にほんブログ村雑貨ブログ】ランキング参加中!
!!応援のクリック、お願いします!!

ぽちっ!
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://saifuinfo.blog98.fc2.com/tb.php/13-70ab9712
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
ポール・スミス -Paul Smith-
についての情報です。

ポール・スミスはサーなのです!

毎回トラディショナルな中にも、イギリスらしい斬新でユーモアのあるデザインを取り入れ、常に注目を集めているブランド、ポール・スミス

ポールスミスの創立者である、ポール・スミスは1946年7月5日、イギリス、ノッティンガム生まれ。

少年時代から独立心の強かった彼は、得意としていた自転車競技で身を立てるべく、15歳の時学校を自主退学し、レーサーをめざして毎日特訓に励み始めました。しかし、不幸にも事故に遭遇。重傷を負い、半年間の入院を余儀なくされたため、レーサーへの道を断念せざるを得なくなったそうです。

退院後、進路を断たれ、夢もかなわなくなった彼はパブに入り浸りの毎日が続いたそうです。しかし、やがてそのパブに出入りするアートスクールの学生達と仲良くなり、彼等のオーガナイザーとしてあれこれ仲介役を果たすうちに、アートの世界の魅力にしだいにひかれていったそうです。

そうして、様々な仲介(オーガナイザー)を仕事としようと17歳の時に決意し、新しい進路を見出したポール・スミスは、あらゆる依頼に懸命に応えました。

3年が過ぎたある日、ロイヤルカレッジでテキスタイルの教師をしている女性ポーリーン・デニアと知り合い、意気投合した二人はやがて同棲を始め、ポーリーンには、すでに2人の子供がいたため、ポール・スミスは家族全員を養うために、それまで以上にあらゆる仕事をこなし、懸命に働いたそうです。

メインの仕事がノッティンガムのテーラードの店員だった時期に、そこの主人へ「自分の店が持ちたい」といつも熱心に語っていた結果、 あまりの熱心さに押された主人は、その店のバックルームを自由に使わせてくれることになり、そこが現在のポール・スミスブランドの礎となっていくのです。

当時、ノッティンガムではメンズファッションショップと呼べるような店は一軒もなかったそうで、彼は自分のお店を魅力ある店にしようと懸命に頑張ったそうです。

ようやく自分の店を持ったポール・スミスは、自分のやりたい事をやるという信条は、決して崩さず、現在でも "The job change you, you don't change the job." - 『仕事によってあなたは変わる事もあるが、あなたが仕事を変えることはできない』という言葉をポリシーとしているそうです。

1977年、初めて自分のコレクション・ショーを開きましたが、すでに次の年には毎年パリで展示会を開けるほどになったそうで、 1978年には、セームの展示会に期間を合わせ、パリのホテルの一室で展示会を一週間催しました。

のちに彼はこの時が、本当の意味での“ポール・スミス”コレクションの誕生だったと思っているそうです。

そのショーの時は展示会の設営、招待状の発送など、自分の手で懸命にやりましたが、初回は残念ながら、一週間でわずか2人のバイヤーが訪れただけ、というさびしい結果となりました。
現在では考えられませんね。

しかし、そのくらいではこれまで厳しく仕事に立ち向かってきたポールは決して負けませんでした。

そののち、ロンドンにも自らのショップをオープンして、培ってきたオリジナルデザインとビジネスの才能を開花させ、ロンドンのみならず、世界のファッション市場で、ショップの評価はますます高まっていき、2001年、デザインへの勲功によりエリザベス女王よりナイト爵位(SIR)を授与されました。

ポール・スミスのトラディショナルなデザインは、見ているだけで貴族的な雰囲気をかもし出しますが、それだけではなく、イギリスのウィットにとんだアバンギャルドさも持ち合わせていますね。

「ブランド」と聞くと、華々しい場面のみを考えてしまいがちですが、ブランド創設者は、最初は自分の身体と夢だけで一生懸命頑張ってきたのですね。

そして、彼はナイト(サー)となったのです。
すごいですね。

サー・ポール・スミスのお財布、持ってみたいと思いませんか?


Paul Smith:: Personal
http://www.paulsmith.co.jp/を参考にさせて頂きました。


にほんブログ村 雑貨ブログへ ←【にほんブログ村雑貨ブログ】ランキング参加中!
!!応援のクリック、お願いします!!

ぽちっ!
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://saifuinfo.blog98.fc2.com/tb.php/13-70ab9712
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
今月のオススメ財布
お気に入りに入れる
お財布の選び方や、巷で流れているお財布に関するクチコミ、はたまた運営人の独断と偏見によるお財布コラムなど、どんどん更新していきますので、よろしければ「お気に入り」に入れてやってくださいね!
コメント・TBもお待ちしております!
財布バーゲン会場はこちら
見なきゃ損! 憧れのお財布が手に入る、ニッチなバーゲン会場はこちら。↓↓↓↓

エルメスバーゲン会場はこちら

財布ブランド・種類
お財布検索
リンク
RSSフィード
プロフィール

ぐぐっちぃ

Author:ぐぐっちぃ
ブランドお財布が大好きな私、ぐぐっちぃがお送りする、「お財布に関するエトセトラ」。
意外と知らないあのブランドの秘密や、幸運を呼ぶお財布とは?など、このブログでお財布についての知識を深めてもらえると嬉しいです。
財布のことなら、私におまかせくださいっ!!!(^o^)
どうぞごゆっくり、眺めていってくださいね♪

ぐぐっちぃを応援してくださる貴方!
今すぐ、♪お気に入りに追加♪~

お財布ランキング

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。